スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
旅~イタリア編2
ミランからローマに移動しました~
すべての道はローマに通ず、絶大な力を持っていたローマ帝国の首都にして
ギリシャ同様遺跡の宝庫(-ω☆)キラリ
((o(´∀`)o))ワクワクが止まりません!

ローマ・・・街自体はあまり綺麗ではなかったですね
しかし遺跡群は眼を見張るものが有り、刮目してウロウロ徘徊してましたよw

a1_201404122141462d0.jpg
ローマの顔ともいうべきコロッセオですね!
DOLでも出てきますね~もう少しあらへんに手を加えて欲しいですよねw

a2.jpg
コロッセオの横にあるフォロ・ロマーノ。当時政治の中心が在った場所、のはず・・
しかし此処はとても広いですが、秀逸な遺跡群がそこかしこに@@

a3.jpg
こちらもフォロ・ロマーノの遺跡の建物!
綺麗に残っているものです!

a4.jpg
真実の口!!! うん私が手を入れても大丈夫でしたよ!
というか、観光地化しすぎててなんだかな~って感じでしたW

a5.jpg
こちらは、トッレ・アルジェンティーナ広場、かのガイウス・ユリウス・カエサルが暗殺された場所でございます。
「賽は投げられた」や「来た・見た・勝った」等の名言も有りますが
これはマリ姉も書いていましたが「ブルータスお前もか!」の名言を、シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」ばりに此処で言いたかったのです!!!
回りを確認して日本人が居ないことを確認していったつもりが・・・私が言った後に後ろから「此処がその場所何ですか?」と。。。ハイと返事をした後に恥ずかしくさっとその場を去ってしまいました><

a6.jpg
日本の団体さんはあまり此処には来ないようですが、これだけしっかり残っております。
カエサルは日本人は知ってる方多いので来てもいい気がしますけどね~

a7.jpg
こちらの猫ちゃんたち、此処が2枚上に看板が写ってましたが、不幸な猫ちゃんをNPOでお世話している所なので、ワケありでここに居るのですがとても幸せそうでした。
人の勝手がうんだ悲しい現実ですね・・・
看板には「にゃんこたちは自由に来てにゃ(=^・^=)」と書いてあるのです@^ー^@
此処で1時間位にゃったりしてしまいました(≧∇≦)/

a8.jpg
こちらはパンテオン、よく映画などでも使われますね。そして此処にはかの天才画家「ラファエロ」のお墓もあるのですよ~

a11.jpg
こちらはフォロ・ロマーノですが、雰囲気的にDOLローマのコロッセオ前に似ていませんかね~?
というだけの写真ですw

a12.jpg
こちらはバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂、夜の顔です!

a13.jpg
バチカン近くのなんとか城の夜景w

a14.jpg
夜のコロッセオ~雰囲気が違って( ´∀`)bグッ!

a16.jpg
カピトリーニ美術館にある「カピトリーノの雌狼」DOLのクエ発見物でも有ります、というか、ローマにはDOLで出てくるものばかりと言ってもいいかも!
冒険家の私にとっては目゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.ものです!決して商人ではありません!

a17.jpg
トレヴィの泉・・・です以上
感想特になし。あえて言えば、人多すぎε-(。・д・。)フー

a18.jpg
衛兵シリーズバチカン編
とってもカラフルな軍服ですね@@
衛兵と言っても、バチカンに軍人さんは居ないのでスイスの傭兵さんになります。

a19.jpg
サン・ピエトロ大聖堂にあるミケランジェロの傑作「ピエタ」
ん~言舌にし難い美しさが有りますね^^

a20.jpg
最後はとある日のローマの夕食。
アンティパストと1㍑ジョッキのビールw
勿論この後にパスタ食べましたよw

ローマ、ブログで紹介するには10回位はやらないと終わりそうにないです@@
なので、上っ面だけで終わりっ!実際にはもっと回っているんですよ(≧∇≦)/

次回はフィレンツェに向かいます~
では~ノ


スポンサーサイト
[2014/04/13 21:36] | ちょっと旅に・・・ | コメント(0) | page top
<<旅~イタリア編3 | ホーム | 旅~イタリア編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。