長崎と大航海時代
だいぶ前・・・そう年の瀬に、GWの時の記事でも・・・
どんだけ前なのよw という苦情は認めますが、筆が重く・・・

よろしければ続きから~DOL記事は一切ございません!あしからず

DOLしてる者として長崎県の帆船祭りは是非とも行ってみたいお祭りの一つでしたので!

d4_20151215124424825.jpg
帆船祭り、最高でした!降り注ぐ太陽の光の下で、船を眺めながら~
ビール!!!
最高のひとときでした@^ー^@
船好きでなくとも楽しめるイベントでした。この写真は日本丸の総帆展帆~
角度的に良い写真取れなかったので^^;

d3_201512151244233b2.jpg
こちらはロシアの練習船「ナジェジュダ号」の紋章!
ロシアの「双頭の鷲」の紋章ですが・・・ヾ(⌒(ノ゚∀゚)ノおぉぉ♪~

dolロシア帝国紋章1
こちらがDOLの「ロシア帝国紋章」  かなり良く似てますね~
などと、他の参加者と「かなり」ずれた視線で長崎帆船まつりを楽しんでいましたw
簡単ですが、実際訪れたほうがお祭りは楽しいと思いますので~♪

d1_20151215124420be2.jpg
長崎といえば三菱造船ですが、この「BERTH NO.2」 2番ドックはかの、戦艦大和の姉妹船「武蔵」を建造したドックなのです!!
だからどうした!と言われれば、それまでですがw

d20.jpg
こちら、三菱重工業 資料館でございます。
少しわかりづらいとこにありますが、三菱造船の歴史が詰まっておりました。
無料ですよ~^^

d21.jpg
こちら戦艦武蔵の見積書
お値段「62,538,550圓なり~」当時の金額としては凄い額なのでしょうね@@
DOLで戦艦が高いのも納得・・・

d22.jpg
これは武蔵の進水式の写真。写真中央は昭和天皇だそうです。
そしてなにより、高射砲でさえ人と比べて此のサイズ、世界最大の戦艦 伊達じゃないね!

d23.jpg
これは武蔵建造で使ったリベット機だそうです。でかいw

d24.jpg
これは武蔵の進水式で使った綱切用の斧だそうです

d2_20151215124421b40.jpg
こちら世界遺産にも登録された「ジャイアント・カンチレバークレーン」1909年イギリスのアップルビー社製のクレーンで150㌧の引き上げ能力を持ち、現在でも現役という・・・100年以上稼働してるなんて凄いですね@@

d5_2015121512442523d.jpg
針尾送信所、佐世保市に有る戦時中の電波塔である。
「ニイタカヤマノボレ」の暗号を発したといういわれもあるが、実際は千葉の通信所。
しかし、高さ135mクラスの大正時代のものとしては日本一。

d6_20151215124624621.jpg
佐世保といえば「佐世保バーガー」驚くほど大きいわけではないが、
お腹いっぱいになったし、美味しかった@^ー^@
佐世保も2回めだが、さすがにハンバーガーの食べ比べは辛そうであるw

d7_20151215124626ec1.jpg
九十九島 船でめぐるのもいいですが、上から眺めるのも最高ですね~^^
癒やされます

d8_20151215124627059.jpg
本土最西端の地、基本僻地なのですごい地味だが、ま一応到達!

d9_20151215124629608.jpg
こちらは平戸のVOCオランダ商館「和蘭商館」の復元の建物になります。
かなり大きく中も立派でした。博物館になってます。

d17.jpg
上の商館に使われていたという「VOC」マーク入りのアーチ部分の基石

d10_20151215124716e6d.jpg
商館の有った所は火事対策のため石垣で建物を区切っていたのだそうです。
平戸散策もなかなか楽しいです!

d11_20151215124717b26.jpg
「大航海時代の冒険者たち
   その礎の上に今の私たちはある
      眠り給え
         ここを小さき和蘭として」
確かに此処平戸の地にDOL時代の冒険者達が訪れていたんだな~と改めて実感!

d12_20151215124719e2e.jpg
ウイリアム・アダムス(三浦按針)
イギリス生まれ、フランシス・ドレークの指揮下にあった貨物補給船リチャード・ダフィールド号の船長としてアルマダの海戦に参加。リーフデ号にて日本に漂着、後に三浦按針となり、日本人と結婚、子を授かる。平戸にて没。
この人だけでDOLに最低3つ登場する@@

d13_20151215124720ce2.jpg
日本で知名度は低いが、鄭成功は日本の長崎県生まれである。
DOLでは私は殿オンは成功さんにお世話になったから、一番会ってるかなw

d14_201512151247225bd.jpg
この岩場で、母が産気づき、成功さんが生まれたらしい。

d15_20151215135457072.jpg
鄭成功が幼年期を過ごしたとされる地に生家が復興されてました、実際ほとんど資料がなく、ほぼ推測によるものだそうです。中は資料館になっていて、無料でした。特に目立った物はないかもですが、受付の管理しているおじさんの話が面白かったかなw
おじちゃん:「どこから来たの?」
私:     「関東地方~」
お:     「そんなところから、此処に来たの?良くしってるね??」 自分でこんなトコと言ってましたw
私:     「歴史に興味があって^^;」 DOLというゲームで知って来たとはいえない私w
そんなやり取りしながら、地元話とか色々お話いただきました^^

d16.jpg
資料館に展示してあった、鄭成功使用の印
本物かレプリカだったかは忘れました@@

ん~グダグダ書いてきましたが、長崎、DOL関連施設や船に関わるものいっぱい有りましたね~
かなりマニアックでは有りますがw 長崎ゆっくりと訪れる価値ありそうですよね^^
因みに、ハウステンボスとか興味ないわけではないんですよ!行ったこともあるし。
ただ、私の嗜好がほんの少しだけずれているだけだ!

でわ~^^

スポンサーサイト
[2015/12/15 14:12] | ちょっと旅に・・・ | コメント(4) | page top
<<豊後を訪ねて・・・ | ホーム | 大艦巨砲主義?>>
コメント
>りんごさん

行ったらこっちが恥ずかしいくらい幸せいっぱいなんだろうし…
旅行のテンション下がるじゃないか!!
やっぱ長崎いいとこだよ~
[2016/04/19 23:48] URL | エヴァ #- [ 編集 ] | page top
わー素敵な記事!

うちにも寄ればいいのに!w
[2016/03/05 09:27] URL | 凛々りんご #3/VKSDZ2 [ 編集 ] | page top
>オウミさん

同じ観光地でも視点を変えるとまた別の楽しみ方が出来ますよね^^
次の機会には是非是非!
成功氏そうなんですよ~DOLでお勉強もできるなんてねw
[2016/02/21 09:18] URL | エヴァ #- [ 編集 ] | page top
うわあ、この太陽きらめく中の帆船祭りとか三菱重工の資料館とか最高じゃないですか!(=´ω`=)いいな…長崎は市街地を観光したことはあるんですが、こんな素敵な楽しみ方があるなんて…!

鄭成功氏が日本生まれなのも初めて知りました、なんだかキャラを少し身近に感じられそうです。

[2016/02/06 23:51] URL | オウミ #JVzQ4Aco [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |